合宿免許に持参すべき物とは

###Site Name###

合宿免許は、自宅から離れた場所にあるドライビングスクールに毎日通うかわりとして、ドライビングスクールの近くにあるホテルか、敷地内の寄宿舎に泊まり込みをして、通学のための時間を効率化するのが特徴です。

これによって、卒業までの日数を、自宅からの通学と比較して、劇的に短縮することができるのが、合宿免許の一番のメリットとなっています。
そこで、合宿免許にあたっては、学科教習や技能教習など、免許の取得そのものにかかわる物のほか、あらかじめ数週間分の宿泊のための準備もしておく必要があります。



具体的に、合宿免許にどのような物を持っていくのが適当かですが、まずは筆記用具、メモ帳、運動ができる服装や靴などの、教習に関連したものが挙げられます。



また、宿泊に関しても、タオル、シャンプーやリンス、くし、着替えの衣類、歯ブラシ、常備薬などがあったほうがよいでしょう。宿泊するホテルによっては、アメニティグッズとして、はじめから用意している場合があるため、合宿免許のしおりなどを、よく確認しておくことも大切です。

また、現地でテキスト代を支払ったり、コインランドリーやレストランを利用したりする必要がある可能性があるため、若干の金銭を用意しておくことも必要です。



特に、ドライビングスクールまでの電車賃やバス代については、ドライビングスクールが負担してくれる場合がありますが、その場合にも卒業時に給付されるため、行きの分は本人が立て替えて支払わなくてはなりません。