合宿免許で卒業までの流れ

###Site Name###

自動車免許の取得の際には、地元の自動車学校に学業や仕事の合間を使って通い取得する事になります。

しかし、忙しい毎日で間が空いたりする事もあります。

合宿免許では、自動車学校に指定された宿舎に泊まりながら連日教習を、受ける事で普通に通学するよりも短期間で免許の取得が出来ます。
通常の通学と合宿免許の違いは、完全にスケジュールが決まっている事です。

全ての課程を効率よく消化し日程調整が出来、入校の際に最短卒業予定日が分かります。

しかし、デメリットもあり合宿期間中は学校に相談なく帰る事は許されません。

卒業までの日数分の教習スケジュールと宿泊施設が全て予約されているので、合宿期間中に教習以外の予定を入れない様に注意が必要です。

合宿免許での卒業の流れとして、期間はATで15日程度でMTになると2~3日プラスとなります。


教習所や時期により前後し料金も変動する可能性があるので、各教習所に確認する事が大切です。
初日は指定場所に集合し入校手続きと説明を聞き適性検査を受けます。



そして運転に関する基礎知識を学ぶ事で次の日からの教習に備えます。



2日目以降の1週間程度は、教習所内にて運転基礎知識と技術を学びます。



その後に、修了検定を受け仮免学科試験に合格すれば仮免許を取得でき路上教習を行う事が可能になります。

更に1週間程の路上教習を行い卒業検定に合格すれば、卒業証明書を受け取る事ができ、卒業し合宿が終了となります。


忘れてはいけないのが、卒業日から一年以内に本免許学科試験を受けなければ、無効となるので注意してください。