合宿免許における交通代金

###Site Name###

合宿免許は、自宅から通学するのではなく、はじめからドライビングスクールの近くにあるホテル、旅館やウィークリーマンション、あるいは宿舎に宿泊をしながら、卒業までの期間を過ごすプランになっています。

そのため、自宅から現地のホテルなどに向かうための、行きと帰りの往復の交通の代金が必要になるのは当然です。
この場合の費用ですが、ドライビングスクールが比較的自宅の近所にある場合は別として、時には新幹線や飛行機などを使わなければ、容易にアクセスできない場合もあります。
そのため、合宿免許のプランのなかには、ドライビングスクールのほうで、行きと帰りの交通の代金を負担してもらえるようになっているものがあります。



このような合宿免許のプランを選択した場合、少なくとも行きについては、本人がみずから立て替えてチケット、切符を購入する代金を支払い、卒業の手続きをするときに、ドライビングスクール側から、かかった費用の精算をしてもらうことになるのがふつうです。
もちろん、このときには帰りの交通の代金もいっしょに支払われます。



したがって、交通の代金がドライビングスクールの負担になっているとはいっても、いくらかの金銭はあらかじめ準備した上で、合宿免許の会場に向かうのが適切です。



なお、現地へ電車やバス、飛行機などで向かうルートについては、標準的なルートがドライビングスクールの側で指定されている場合があります。
この場合、ルートを逸脱した部分については、負担の対象にはなりません。