合宿免許は運転技能がスムーズに習得できる人向き

###Site Name###

合宿免許は、長期休暇のある学生などにとっては効率的に免許が取得できるおすすめの方法です。

通常の教習所に通う場合と異なり、効率的に教習スケジュールが組まれているため、最短で普通車ATの場合13泊14日、普通車MTで15泊16日で卒業が可能です。

とはいえ、実際には教習所が設定するコースによって、卒業までの日数が数日長くなっているところもあります。

合宿免卒業後には運転免許試験センターで適性検査と学科試験を受けて合格する必要があります。

合宿免許を修了すれば運転免許が受け取れるわけではありませんので、注意しましょう。



運転免許センターは平日のみ試験を実施していますので、受験できる日も考慮して、合宿免許の日程を決める必要があります。

なお、合宿免許に行き、毎日まじめに出てさえいれば必ず最短日程で卒業できるかというと、そうではありません。



さまざまな理由から卒業が伸びてしまうことがあります。
その理由のひとつに、技能教習がうまく進まず検定に失敗してしまった、ということがあります。

運転は誰でも等しく上達できるものではなく、向き不向きも存在し、まじめにやっていてもなかなか運転感覚がつかめない人もいます。
また教習中はうまくいったはずなのに、検定で緊張して失敗することもあります。

検定は実施曜日が決まっているため、一度落ちるとその曜日まで待たねばならず、先に進めなくなります。

結果として滞在日数が伸びることになります。

合宿免許の最大のメリットは短期間で教習所を卒業できることですが、何度か検定に落ちると、そのメリットもなくなります。
また申し込んだ教習プランの保証の内容によっては、あまり延長すると追加料金が発生することもあります。



短期間でスムーズに運転技能が習得できそうであれば合宿で、自分には難しそうと思う場合は教習所に通学した方がいいでしょう。