合宿免許と日数の延長

###Site Name###

合宿免許は、ドライビングスクールの敷地にある専用の宿舎か、その近所にあるビジネスホテル、一般のホテル、旅館などに、期間中は継続して宿泊をしながら、免許の早期取得を目指すものです。

カリキュラムはすでに入校のときから決められているため、そのカリキュラムにしたがってさえいれば、学科教習、技能教習や各種の試験を効率的にこなすことができます。
しかし、合宿免許の標準的な期間を超過してしまうこともあります。

合宿免許とはいっても、技能教習には一定の運動神経が求められるので、学科教習はしっかりカリキュラムのとおりにできたとしても、技能教習のほうはなかなか見極めがもらえないこともあります。


この場合、見極めがない部分はやり直しをすることになりますので、その部分だけ時間数がかかってしまいます。



時間数があまりにもかかりすぎる場合には、卒業までの日数にも差し支えることになりますが、合宿免許であれば、宿泊の延長についても考えざるを得ません。



はじめから延長をしなければならないことが見込まれる場合、申し込みの時点で、卒業保証がついているプランを選択しておければ、一定の範囲で、延長も無料で可能なことがあります。
このようなプランを選択していなかった場合は、ともかくもできるだけ早く、ドライビングスクールの担当者に相談をして、善後策を講じる必要があります。マニュアル車からオートマチック車への変更などの、いくつかの方法が可能な場合があります。